查看完整版本: [-- おせん役 蒼井優さんインタビュー --]

◆◆蒼井優国际应援会◆ -> AoiYu访谈区【INTERVIEW】 -> おせん役 蒼井優さんインタビュー [打印本页] 登录 -> 注册 -> 回复主题 -> 发表主题

little 2014-12-24 20:25
——台本を読んだ感想は?

蒼井 やってみないと分からないなって感じです。自分の役もそうだし、他のキャラクターも、みんながセットの中に入ってどう動くかで関係性や距離感が見えてくるのかなっていう…。

——台本読まれて、おせんさんってどういう人だと思いましたか?

蒼井 自由奔放なように見えて、ギリギリのバランスで成り立っている女の子なのかなという気がしました。
        
——ギリギリのバランスというのは演じるほうとしてはどうですか?

蒼井 うまく表現したいなとは思いますけど…。こう表現しよう、ということではなくて、自分がおせんさんを演じているときに、そういう不安定さが中にあれば、あとは監督がうまく調理してくれるかな、という感じです。

——おせんをやるために役づくりみたいなことは行いましたか?

蒼井 役作りは、実際の料亭にお伺いして基本的なおかみの所作を教えて頂いて、おせんさんならどの程 度まで崩していいのか、と言う話をスタッフさんとみんなでしていました。後は料理教室に行ったりとか。プロっぽく見える包丁の持ち方とか(笑)教えていただきました、本来は持ちやすければこだわりはないみたいなんですけれど。

——おせんさんと蒼井さんを見て、「ここ自分に似ている」など共通点は感じたりしていますか?

蒼井  いつも自分の演じている役と、自分自身を比べたりしたことがないので。どうなんですかね?きっと三ヶ月やって出来上がったのを見て、冷静に見られるようになって、ここは似ている、ここは違うっていうことが分かってくるんでしょうけど。それは私よりも周りの人の方が今は分かっていると思います。

——原作があるドラマなんですけれど、意識されましたか?それともドラマオリジナルと考えましたか?

蒼井  意識していないといえばうそになるし、原作者の方や原作のファンの方に対して敬意を持つというか「 おじゃまします」という感じですかね。だから、まったく別物です、とか言ってしまうものでもないし、かといって原作通りのストーリーに持っていくのかと言われれば、少し違うことになると思います。原作の世界を壊しすぎず、自分達が作り たいものを作れたらなと思います。

——連ドラで「おせん」をやるにあたり、ここはこだわりたいなという所はありますか?

蒼井  監督がずっと言っているのは、とにかく食べ物をおいしそうに撮ってほしいということです(笑)。私自身は「一升庵」チームの関係が、見ている人に「ああ、こういう関係っていいな」と思ってもら えるような「一升庵」にしたい、ということですね。

——食べ物が大事とおっしゃっていたのですが、そこはやはりテレビを見てもらう人にはポイントですか?

蒼井  やっぱり、私も食べることが好きなので。笑顔になりますもんね、おいしそうなものって。見ている人 に笑顔になってもらいたいなと思うので、食べ物を「おいしそ~」と思っていただき笑顔になってもらうのもポイントの一つかなと思います。

——「一升庵」のメンバーが勢揃いしていかがでした?早くもすごく仲の良いチームな気がしますけど。

蒼井  みんないい人達で、年齢はけっこうバラバラだったりするんですけど、初日からこれだけわきあいあ   いと出来たら三ヵ月後別れるのが寂しくなるのかな、とそう思うと辛いですけど、それぐらいの関係が築けたらなと思います。スタジオ前の待合室で、最初はみんな緊張しているからバラバラに座って、スタッフさんと喋っているとか、バラバラだったのが、だんだん男性チーム女性チームに分かれて話すようになって、気づいたらなんか一つの輪になっている感じだったんですけど。いいですよね。

——連ドラ初主演とのことですけれど、気持ち的には?

蒼井  楽しむぞっていう感じですかね。ここまで来たら楽しむしかないっていう。あと、私だけでなくスタッフ  さんも楽しんで。で、楽しむだけでなくて、みんな「おせん」というものに関わったことで、関わったことを誇りに思えれば。関わったことを誇りに思えるかどうかが「おせん」が成功かそうではないかの基準なんじゃないかなと思います。

——本当にモノを作っていくことが大好きなのだな、ということがすごく伝わってきます。
こういう風にドラマを見てもらえたらうれしいなという事がありましたら、ぜひ教えて下さい。

蒼井  いろんな楽しみ方が出来る作品だと思うんですよね。食べ物が好きな方にはおいしいものを見ていた  だけるし、おいしそうに食べている人達も見られるし。可愛いものが好きな方には、可愛い髪形だった り、可愛い着物がたくさんでてくるし。  あと、そういうことだけではなくて、温かい人と人との繋がりだったり、一人一人の丁寧に生きている感じ。なんかいいなと思えるような要素が沢山詰まったお話になっていると思うので、見て、ホッとしていただけたらなと思います。

http://www.ntv.co.jp/osen/interview/01/aoi.html


查看完整版本: [-- おせん役 蒼井優さんインタビュー --] [-- top --]


Powered by PHPWind v6.0 Code © 2003-05 PHPWind
Time 0.013112 second(s),query:3 Gzip disabled

You can contact us